大阪の美容外科で気軽にできるふたえ整形の種類と特徴

二重

大阪で手軽に理想のふたえ整形をしよう

ふたえ整形に興味がありプチ整形をしようと大阪のいろんなクリニックを見てみることにしました。ふたえの種類には平行型と末広型があることが分かり、日本人は末広型が多いそうです。平行型は目が大きく見えてタレントで言うと内田有紀さんのような目です。憧れましたが糸で留めるタイプの整形ではなく切開のほうがきれいにいくと言われました。初めての整形で切開は抵抗があったので糸で留めるタイプにしました。
まず、シミュレーションから始め、どのくらいの幅のふたえにしたいのかを大阪のクリニックの先生と話し合いました。あまり大きくすると不自然になるのでまずはこのくらいかな?などと相談してマジックのようなもので線を書きました。すぐに手術は始まり、点眼麻酔をして何分か時間を置いてから開始です。ふたえになるという楽しみがあったので痛みも感じずあっという間に終わりました。けっこう、きつく結んだので腫れがあったのですが10日くらいできれいにふたえになりました。
毎日のアイプチに手間もなくて、朝起きると当たり前にふたえなのでそれがとても嬉しくてたまりませんでした。病院選び、どんなふたえにするか、幅など。まずは先生と相談して自分に合った理想の目を手にいれたいですね。今は手軽にできるし、ふたえ整形が恥ずかしいことでもないので隠す必要もあまりないと思います。自分自身の自信にもつながると思います。大阪のクリニックでふたえ整形をして本当に満足しています。

大阪の美容外科でふたえ整形をするにあたって

ふたえ整形は、一重まぶたの方が一度は夢見ることだと思います。大阪にお住いの方で一重まぶたの方は、それをコンプレックスと考えている人も多いでしょう。そんな一重まぶたの方々にとって、整形はコンプレックスである外見を変えるだけではなく、自分に自信が持てたりという気持ちも明るくしてくれます。大阪で行われているふたえ整形には、大きく分類して「埋没法」と「切開法」の2種類があります。金額はプチと言われるほど、安い所で数千円~整形可能です。
さらには、日帰りも可能です。そういう点では、安易に整形し易く考えてしまいます。実は、ふたえ整形しているという女性の方はもちろん、今では男性の方も多いと思います。ですが、デメリットが有ることももちろん把握して頭に入れておかなければなりません。
価格にこだわる大阪であってもただ安い病院を選ぶのではなく、技術力での病院選びもとても重要です。ふたえ整形のデメリットとして考えられることは「思い通りのまぶたにならなかった」ということです。これは、誰にでもあるリスクです。個人のまぶたは人それぞれ形や皮膚の厚みも異なります。「手術」である以上、絶対はありませんので、よく考えて手術することをおすすめします。ふたえ整形は、今や身近になりつつあります。ですが、ご自身の体をよく考え、後悔のないようにしましょう。

大阪の美容外科のふたえ整形の種類と特徴

大阪で歯医者さんに行った時、看護師の方がすごくキレイに感じたことってないですか。それはマスクで顔の大部分が隠れて「目元」しか見えないからだと言われています。そんな素敵な目元になる手段として「ふたえ整形」というものがあります。ふたえ整形には、まぶたに糸を通す「埋没法」と、まぶたを切り開く「切開法」の2種類があります。埋没法は糸で型を作るだけなので、糸をとれば元に戻る(可能性がある)のですが、切開法は戻せないそうなので、よく考えて施術を受けてください。大阪の美容外科での治療も例に漏れません。
それぞれの利点欠点としては、まず共通として、「思った通りになるとは限らない」と言う事は覚悟しておかないといけないと思います。そして埋没法は「お手軽にできる」反面、「糸が切れると元通り」になったり、糸が原因で炎症が起こることもあるそうです。埋没法は、「ふたえが協力に維持できる」のが特徴ですが、まぶたが閉じにくくなったり、完全に閉じなくなったりすることもあるそうです。
因みにふたえ整形の埋没法でもまったく切らないわけではなく、切開法もまぶたの一部しか切らない物もあります。どのくらい切るのかはケースバイケースで、切開部が少ないほど腫れなどの術後のダウンタイムが少なく済みます。ご自身の性格などや、将来どうするのかなどを考えた上で、「変わりたい」と強く思うのならば一度施術を受けてみるのも良いのかもしれませんね。もし大阪のクリニックをお探しの方はインターネットで検索すると評判のクリニックが分かります。


ふたえ整形のことなら大阪のコムロ美容外科まで
ふたえになりたいというあなたの希望を叶える大阪の美容クリニックです。ふたえ整形を検討しているならこちらを活用するといいでしょう。

choices

ふたえ整形の方法について

ふたえ整形をする人は増えている傾向にあり、日本の美容整形は技術も高く実績も多いのふたえ整形をしやすい環境になってきたということも関係あるでしょう。ふたえ整…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである埋没法の特徴について

まぶたに糸を埋め込んでふたえまぶたを作る埋没法は、糸のかけ方や本数で腫れの程度や期間が異なります。埋没法は、持ちの取れにくい方法と腫れの少ないスタンダード…

» もっと読む

埋没法で理想のふたえまぶたを手に入れる

埋没法は、手術を受けた後に一ヶ月かけてむくみが引いていき、一ヶ月で完成します。そのため、埋没法を受けてから一ヶ月経って、ふたえのラインが希望していたのと違…

» もっと読む

ふたえ整形の一つである切開法について

ふたえ整形は埋没法と切開法の2種類の手術があります。そして切開法は、全切開法と部分切開法の二つに分かれています。全切開法は、まぶたをメスで切ってふたえまぶ…

» もっと読む